救急を経験してきた獣医師が考える、薬に頼らない生活とは

こんにちは。2021年より永井動物病院の院長になりました、林潔高です。

本院は1950年に世田谷で開業し、1970年にめじろ台に移転してからも多くの方々と動物たちに支えられ50年が経ちました。

当院では医療の基本である「予防医療」及び「救急医療」に重点を置き、診察を行なっております。


動物が病気になるのには必ずと言っていいほど原因があります。

その大部分を占めているのが食事や運動、生活環境です。

薬に頼る医療では目の前の症状を解消することはできますが、根本となる原因を放置している場合も多いため薬をやめられないこともあります。

どんな薬も肝臓や腎臓、その他の臓器に負担がかかります。


当院では根本原因を探り薬に頼らない生活を行っていくことを目指しております。


また、話の出来ない動物達の病気は人間と比べ発見時に症状が進行している事が多いです。そのため初期対応がとても重要になってきます。

私は静岡県で5年、昭島市で2年間街の動物病院で夜間診療を含め勤務した後に、動物救急センター文京、府中で3年間勤務いたしました。

特別な施設がなくても正しく診断・治療ができる病気は多く存在します。


救急疾患はもちろんその他の病気でお悩みの事がありましたら、セカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

動物達と楽しく暮らせるお手伝いができればと思っております。

お知らせ

療法食に限らさせていただきますが、フードを定価より10%offで販売しています!

ご予約の場合は来院時でもお電話でも構いません、ぜひご利用ください♪


スタッフブログもなるべく毎週更新中です✋

病院・薬に頼らない生活作りを目指し、ゆる〜く更新してますので是非見てみてください(>人<;)

当院の考えなどもわかっていただければ幸いです🎶

ワクチンについて

当院では2010年に改定されたWASAVA(世界小動物獣医師会)のワクチネーションガイドラインを参考にしています。そのガイドラインには「ワクチンは不必要に接種すべきではない。コア ワクチンは、子犬および子猫の初年度接種が完了 し、6ヵ月または12ヵ月齢で追加接種を終えたら、3 年毎よりも短い間隔で接種すべ きではない。なぜなら、免疫持続期間は何年にもわたり、最長では 終生持続することもあるためである。」と書いてあります。


つまり毎年打つ必要はないと言うことです。

ワクチンの抗体検査も行っておりますので、ワクチンについてご相談がある方はお気軽にご連絡下さい。

当院で診療できる動物種(野生動物の診療はできません)

スタッフブログ
お電話はこちら TEL:042-663-4600

受付時間


月火木金土日・祝日
午前9:00-12:009:00-12:00
午後16:00-19:0016:00-19:00

住所・アクセス

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台4-51-10
京王高尾線「めじろ台駅」徒歩7分

リンク

jarmec